a




<デッキの動き>

勝熱英雄 モモキング KGM 火/自然文明 (8) クリーチャー:ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札 12000
<キリフダッシュ>[火/自然(6)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(6)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、その攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。 多色ではない呪文の効果、または、多色ではないクリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。


このデッキはモモキングを最速召喚する速攻気味のビートデッキです




タイク・タイソンズ UC 自然文明[ジョーカーズ] (2) クリーチャー:ジョーカーズ 1000
Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

天体かんそ君 UC 自然文明[ジョーカーズ] (4) クリーチャー:ジョーカーズ 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分のマナゾーンに、1枚を山札の一番下に、1枚を山札の一番上に置く。



3ターン目にタイクタイソンズのJチェンジで天体かんそ君orモンキッドを出して2ブースト

これで4ターン目に6マナに到達するのでモモキングが出ます


動き自体は現在主流のジョーカーズデッキの動きと同じです



主な違いはジョラゴンはコンボによるアドバンテージで後続を用意する戦い方に対し、モモキングは耐性でワンショット力を高めています

さらにジョラゴンが他のカードとのコンボが前提なことに対して、モモキングは単体でゲームエンドまで持ち込めること

デッキ構成としては単体で運用できるモモキングの方が自由度が高いです



ただしキリフダッシュで赤マナを使うので赤のカードを入れる必要があります

その赤マナを今回はトリガー2種で補っている形です



~基本の流れ~
1t
2tタイソンズ、ヤッタレ
3tタイソンズで攻撃→かんそ君かモンキッド、ヤッタレで攻撃ベアシガラ、ヤッタレ攻撃せずモンキッド素出しのどれか
4tキリフダッシュモモキング






<さらに強化するなら>

Jチェンジを活かすならドンドドドラ息子

トリガーを強化するなら凄腕プロジューサーなど

補助カードはまだ少ないのでこれからに期待です

不死鳥キューブ型はこちら